遺言書/後見人制度よりも柔軟な、財産管理・承継のカタチ

スクロールしてください

家族信託とは?

遺言制度や後見制度の代わりにあるいは、それと併用して、
柔軟に財産の管理処分を有効に行うことができます。
自身あるいはご家族が亡くなった際、被相続人(お亡くなりになった方)ご本人の
希望にかなった財産管理や承継をすることが可能になります。

弁護士に頼む理由

弁護士であれば、信託はもちろん、相続法一般の知識、成年後見制度等の知識に精通しています。お客様の悩みを解決する方法として、相続法や後見など、従前よく利用されてきた制度を検討したうえで、信託が適しているのかどうか、適切に判断することができます。

また、信託の場合、契約書の作成が必須ですが、定めなければいけない事項は多く、複雑です。弁護士であれば、後日トラブルが起きないように、関連事項を精密に検討し、適切な契約書の作成が可能です。

費用体系(税別)

信託財産の金額に応じて、下記のパーセンテージで計算。ただし、最低35万円は頂戴します。

~1億円 1%
~3億円 0.5%
3億円~ 0.3%

※信託契約の難易度および組み合わせる法的手段によって費用が異なることがあります。

家族信託の事例